アクセスカウンター 今日

2016年5月29日
●自分自身を失いたくない


「人は、
たとい全世界を手に入れても、
自分自身を失い、
損じたら、
何の得がありましょう。」
 <<ルカ9:25>>

 何の競技でもいいです。

 芸術系のコンクールでもいいです。

 全国大会の決勝を
明日に控えた自分を想像してみてください。

 ここまでがんばって来たんだから、
もう優勝を狙うしかないと
思うのが当然でしょう。

 プロのアメフトのある
監督がいました。

 翌日にスーパーボウルという
決勝戦を控えていました。

 あの監督は良いんだが
スーパーボウルで勝てるほどの
監督ではないとさんざん言われ
クビになったりしながらも
がんばってきて、
ついにスーパーボウル
出場となりました。

 後に彼は語っていましたが、
その前日、
このみことばが心に響いてくる
ばかりであったそうです。

 やるからにはトップを
目指したい。

 けれども、
自分自身を見失い、
自分自身をだめにしてまで
ではないのだ、と。

 救い主を信じ、
正直にまっすぐ生きる部分が
こわれてしまったら、
たといチャンピォンになっても
何なのだ、と。

 ちなみに、
彼の監督するチームは
その翌日のスーパーボウルで勝ちました。

「なた」



 

 

バックナンバー