『神様の視点で』
 
「太陽がヨナの頭に照りつけたので、
彼は衰え果て、
自分の死を願って言った。
『私は生きているように
死んだほうがましだ。』」
ヨナ4:8


 思うように状況が
進展しないので、
ヨナはふて腐れてしまいました。

 自分の視点で物事を見ると、
世の中は矛盾や不合理だらけに
見えることがありますが、
神様の視点で物事を見ると、
理解が変わってきます。

 照りつける太陽と
枯れたとうごま、
ヨナにとっては怒って
当然の状況でした。

 でも神様はヨナに
もっと大切なことを
教えようとしておられました。

 それは神様の御心です。

 神様が考えておられることが
少しでもわかったら、
今まで腹が立つ材料でしかなかった事も、
受け留めることができるようになっていきます。

(かわこ)